僕は66歳の父親だ。

ディナーがうりというほどではなく、必要に迫られて毎年作ってある。
ディナーに目覚めたのは小学校時分からです。
最初はパンづくりに興味を持ちました。
通学路における個人のベーカリー氏から焼き登る可愛い匂いがして
それが手掛かりだったと思います。
ただの小学校ですからパンづくりにイースト菌や醗酵が必要なんていうことは
解る理由もなく、いつも膨らまないパンもどきで何度も失敗しました。
親が共働きで自ら掛かることが多かったものですから、
TVをよく観ていました。
そんな中で児童なのにディナープログラムをしばしば観ていましたね。
今のようなホームページの時ではなかったですから、
専らTVでした。
見よう見まねで有り合わせの素材でチャーハンなどを作っていました。
中学校・ハイスクールにいたってもディナー熱量は冷めずに継続していました。
私のディナーの基本は「おふくろの味」的ものです。
亡き女性や同居していた叔母のディナーが自然とインプットされ、影響を受けたと思います。
ディナー好きではありましたが、プロのコック氏や板前氏という仕事に就く気持ちは
さっぱりありませんでした。
大人になった今では「旦那の手料理」繋がるウェブログを運営してある。
寄稿はほぼ休んですことなく常々だ。
自分の食べるものを作り、ムービーに撮ってウェブログに載せるのが習慣になってある。
振り返れば長い年月やってきたものだといったつくづく思います。
その点に感想できる自身もいて喜ばしい限りです。
そういった生活ですからウィークに2~3回はスーパーマーケットに材料を求めて行きます。
今度のウェブログにはいかなるディナーを載せてみようかなと思いつつ。
私のディナーウェブログは、少々これからも続いて行きます。iPhone7をソフトバンクで入手する角度をここで紹介している